骨董品の買取依頼は正しい価値がわかる業者がおすすめ!

骨董品は価値を見極めるのが難しい代表格

実家の蔵や倉庫を整理しているときに、たくさんの骨董品を見つける人もいるでしょう。所有者が亡くなっている場合、どの程度の価値があるかわからないということが多いものです。そのような骨董品を価値がわからないままただ保管しておくのはおすすめできません。高価な価値のあるものならそれなりに扱う必要がありますし、あまり価値の無いものをいつまでも取っておくのも収納スペースの無駄になってしまいます。

いっそのこと、骨董品の好きな人に買い取ってもらうのがおすすめです。といっても、骨董品の価値は実際に手にとって確認しないことにはなかなかわからないことがほとんどです。有名作家の作品の場合、昔から贋作があふれています。その真贋を見極めることは、かなりの目利きでなければ難しいものです。しかし、実際にはそのような骨董品の価値を正しく鑑定できる専門家が圧倒的に少ないのです。

骨董品を買い取りに出す際のコツ

そこで、骨董品を買い取りに出すときには骨董品の買取実績のある業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。とはいっても、あちこちの買取店に片っ端から持ち込むのも大変です。できれば出張買取を行っている業者に来てもらい一品ずつ見積り金額を提示してもらいましょう。なぜかというと、一括りで骨董品と言っても、茶器の取り扱いが多い業者、刀剣の販売ルートがある業者、絵画や掛け軸の鑑定が確かな業者など得意とするジャンルが異なるからです。出張も見積もりも無料の業者なら安心して来てもらえます。

複数の業者に見てもらい、その中から高値をつけてくれた業者に分散して買い取ってもらうのがコツです。さほど買取金額に差がない場合は、対応が良かった業者もしくは買取UPキャンペーンなどがある業者にまとめて依頼するのが面倒がありません。