従来の骨董品買取店デメリットと出張買取の注意点

サービスの問題と注意点

今迄の主流となっていた骨董品の鑑定方法は、鑑定士のいる店に骨董品を持って行き鑑定して貰うと言う形でした。この従来の形には幾つかのデメリットがあります。先ず鑑定士のいる店が自宅から遠い場合です。近くなら問題は無いのですが、鑑定士のいる店が中には片道1時間以上の所もあり、とても不便だと言う事です。又骨董品が大きい場合もしくは量が多い時、非常に荷物の積み下ろしが大変で面倒な事です。


積み下ろしは若い人なら出来るのですが、この作業は足の悪い年寄りの場合、大変過ぎてとても出来ない事もあります。なので従来の骨董品買取は、最初の鑑定して貰う所から非常に手間と時間がかかりました。出張買取サービスは骨董品を専門に取扱う専門スタッフが、依頼主の元へ行き依頼のあった骨董品を鑑定します。


その場で価格も分かるので業者にもよりますが、支払いもその場でする事が可能なサービスです。只気を付けなければいけない事は、骨董品に対する取扱いが買取サービスによっては非常に雑な業者もいる事です。業者が買取った骨董品をトラックに積み持ち帰るのですが、雑な業者は輸送中にその骨董品を壊してしまい、商品価値がつかなくなる事があったりします。


買取った後なのか鑑定する為なのかによって問題になる事もあります。又サービス内容が適当な業者もいます。全てではありませんが、高額な出張費用を請求したり、買取ったお金をなかなか支払ってくれない等のトラブルも発生しています。なのでサービス対応の良い出張買取サービス業者を注意して選ぶ必要があります。